フィリップ・K・ディックの短編小説を題材にしたドラマ「エレクトリック・ドリームズ」。

こんちわ、山本です。


映画『ブレードランナー』、『トータル・リコール』の原作者として知られるアメリカのSF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を題材にしたドラマ「エレクトリック・ドリームズ」がアマゾンプライムで配信されています。


f:id:hyamamoto1978:20180119195929j:plain


まだすべてに目を通したわけではありませんが、めちゃくちゃ面白い!

それぞれ一話完結なんで、小気味良い展開でグイグイと物語に引き込まれて、スパッと終わりつつ、あと味の悪い余韻が残る。


そもそもフィリップ・K・ディックの熱心な読者ではないからこそ、この世界観をいかに描写しているのか、原作が気になってきちゃいます。

気になる方は下記からどうぞ。