アディダスのサイクリングキャップ。

こんにちわ、山本です。


トレイルランニングのシーンでは、どういうわけかサイクリングキャップを愛用している人をチラホラと見かけます。

スポーツキャップとしての通気性、透湿性を備えながら、ツバが短くて視界が広いから、かな。ツバをクイっと上げればさらに視界が広がって、走っているときに木の枝に当たる心配も減るし、頭にフィットするスッキリとスタイリッシュな形状も魅力的です。

そこでアディダスのサイクリングキャップ。

f:id:hyamamoto1978:20170508181024j:plain
f:id:hyamamoto1978:20170508181023j:plain
f:id:hyamamoto1978:20170508181025j:plain

サイクリングキャップらしい鮮やかな配色もさることながら、サイドの小文字のロゴとツバ裏のトレフォイルが共存してるってのがイイ。90年代の代物らしく、最先端の機能性は望めませんが、それくらいはご愛嬌かなと。


2017年シーズンから、日本のトレイルランニングシーンへ本格的に参入してきたアディダスではありますが、あえて人との差別化を図るのであれば、これくらい思い切ってもいいような。

ちなみに価格は22ドル。気になる方は下記のリンクからどうぞ。

https://shop.mashsf.com/collections/accessories/products/adidas-cycling-cap