ハニカムの編集長・鈴木さんが退任を発表しました。

こんにちわ、山本です。


ハニカムの編集長を務めてきた鈴木さんが退任を発表しました。

blog.honeyee.com


個人的な話になってしまいますが、ぼくは立ち上げ直後からフリーのライターとしてハニカムに携わっていました。鈴木さんの直属のライターとして、さまざまな企画、記事を担当させていただきました。

月日にして3年くらいかな。ウェブメディアとして急速に注目を集め、成長していく過程を肌で感じることができたのは、とても貴重な経験でした。当時、鈴木さんの並々ならぬこだわりには、ときに辟易することもありました。しかし、そのときの経験がいまのぼく自身の編集者としてのスタンスに大きな影響を与えたのは間違いありません。もちろん反面教師な部分もありますが…。

その後、紆余曲折あって袂を分かつことになり、現在の職に付いてからも、同じウェブのメンズファッション媒体として切磋琢磨してきたんじゃないかと、勝手に思っています。


退任の真相はわかりません。でも、確かなのはハニカムは終わらないということ。媒体の象徴であり、コンテンツの屋台骨だった鈴木さんの穴を、今後どうやって埋めていくのか。不安でもあり、楽しみでもあります。

そして、あれだけエネルギッシュな鈴木さんが今度はなにを企んでくれるのか。それはそれで気になるところです。

なんにせよ、鈴木さん、お疲れ様です。