次号の雑誌「BRUTUS」の特集は「CAMPとHIKE 頼れる道具」。

どうも、山本です。

次号の雑誌「BRUTUS」の特集は「CAMPとHIKE 頼れる道具」だそうです。


f:id:hyamamoto1978:20180528212836j:plain


アウトドアを楽しむ都会人は、道具選びに多くの時間を費やします。

情報整理から、自然との対峙が始まるのです。

人気のオートキャンプから超軽量ハイクまで目的別にギアを紹介。

完璧なパッキングは大自然から学ぶものだけど、
優れた道具はきっとあなたを助けてくれます。

想像力を鍛えるモノの選び方、教えます。

別冊 アウトドア好きシェフたちの本格料理。

目次
CAMPとHIKE 頼れる道具。

この道具をオススメする理由があります。

あの人の道具。

ギア好きがわざわざ足を運ぶ店。

知恵と想像力のフィールドノート。

アウトドアギアの新境地。

暮らしにアウトドアを。

おいしい山小屋。

おいしいキャンプ場。

Book in Book
Outdoor Cookbook
シェフたちが提案する、アウトドアのレシピ。


雑誌「BRUTUS」がアウトドアをどのように切り取るのか。ちょっと気になります。

https://amzn.to/2LyDQln

ナイキACGが復活する模様。しかし…。

どうも、こんちわ、山本です。


ナイキACGが復活する模様。

f:id:hyamamoto1978:20180511141800p:plain
f:id:hyamamoto1978:20180511141721p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141729p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141736p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141744p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141751p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141807p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141814p:plainf:id:hyamamoto1978:20180511141822p:plain


といっても、見る限りでは、当時のデザインをモチーフにしているだけで、あくまでもライフスタイルウェアになるのかな。先ごろ、特集記事を公開したアディダス オリジナルスの「アトリック」と同じアプローチ。

せっかくならナイキの最先端のスポーツテクノロジーを駆使した、ガチのアウトドアギアを見てみたいところではありますが、これはこれでかっこいい。どこまでが製品かわからないけど、キャップやショーツはフィールドでも使えそう。

つーか、モデルにロノ君が出てますね。日本での展開はどうなんだろ。


詳しくは下記のURLでチェックしてみてください。

https://blog.endclothing.com/nike-acg-ss18-launching-1st-june/

ミリタリーな配色が魅力。コールマン「アウトドアワゴン」のアマゾン限定カラー。

どうも、こんにちわ、山本です。


コールマンの名品「アウトドアワゴン」のアマゾン限定カラーのオリーブがミリタリーライクでイケてます。


f:id:hyamamoto1978:20180509122704j:plain
f:id:hyamamoto1978:20180509122715j:plain


自然のなかで映えるお馴染みのレッドも悪くはありませんが、お部屋での利用も想定するとこういったカラーリングの方が馴染むのかなと。

しかし、アマゾン限定カラー、侮れないな。


ちなみにご覧のワゴンの他に、テントやホイールクーラーもあるようです。


f:id:hyamamoto1978:20180509123332j:plain

気になる方は下記リンクよりどうぞ。